セラミドでお肌の底ヂカラを上げましょう。

化粧水は使うor使わないどっちが正解?正しいスキンケアでキレイ肌を育てる!

「化粧水は必要?」
「乳液やクリームだけでもOK?」
などなど、化粧水についての素朴なギモンってあったりしますよね。

さらに、「化粧水は使わないほうが良い」というウワサを聞いたりすると、化粧水を使うのが不安になったり。

そこで、この記事では、
化粧水は使ったほうが良いかどうか
化粧水の役割
正しいスキンケア方法

などについて、ご紹介したいと思います。

お肌に良いスキンケアしてこそ、お手入れする意味があるというもの。

美肌を目指したい方・肌トラブルを解消したい方は、ぜひ参考にしていただければと思います^^

セラミド化粧水おすすめランキング

化粧水は使ったほうがいい?

化粧水は使ったほうが良い場合と使わなくても良い場合があります。

使わなくても良い場合というのは、『足りないモノがないお肌』です。
つまり、不足しているモノがまったくない完璧なお肌。

ですが、さまざまな原因によって、お肌は『何かが不足している』場合がほとんど。
そのため、不足しているものを化粧水で補う必要があるというわけです。

 

化粧水の役割

化粧水の主な役割は、
足りない水分を補う
足りない成分を補う
お肌をやわらかくする

など。

ただし、お肌に『あるモノ』が足りていないと、水分を補給しても、栄養成分を補給しても、お肌にしっかりとどめることができません。

いくら水分や栄養成分を補給しても、お肌にとどめることができなければ意味がありませんよね。

そこで、お肌に水分や栄養成分をとどめるために必要な『あるモノ』について、解説したいと思います。

 

お肌の基礎を育てる化粧水とは?

お肌に水分や栄養成分をとどめるために必要な『あるモノ』とは、セラミドです。

セラミドはお肌の基礎のようなもの。
この基礎がしっかりしていないと、どんなに良いモノをお肌に入れても、その良いモノをお肌にとどめることができません。

つまり、お肌をしっとりさせたり、ふっくらさせるためには、まずセラミドでお肌の基礎を作る必要があります。

そのため、お肌を育てるためには、セラミド配合の化粧水がおすすめなんですね。

セラミドの役割や効果については、下記の記事で詳しくご紹介しています。

お肌の基礎づくりにおすすめのセラミド化粧水もご紹介していますので、『本気の保湿』を目指す方は、ぜひ参考にしてくださいね☺️

おすすめ記事
【本気で保湿・育肌するならコレ!】市販セラミド化粧水おすすめランキング
 

基本&正しいスキンケア術

スキンケアは正しくおこなってこそ効果があります。
間違った方法でおこなうと、逆にお肌にダメージを与えてしまうことも。

そこで、正しいスキンケアの基本をご紹介したいと思います^^

 

洗顔でしっかり汚れを落とす-洗顔の役割

洗顔は、古い角質や汚れを落とすことが目的

お肌の表面に、皮脂や古い角質、汚れが残ったまま放置していると、皮脂が酸化したり、雑菌が繁殖して、肌トラブルの原因になってしまいます。

また、メイクを落とすには、メイククレンジングが必要です。
メイクがお肌に残ったまま放置しておくと、メイクの油分が酸化したり、色素沈着が起こるなど、洗顔と同様に肌トラブルの原因になってしまいます。

ですので、美肌づくりのためには、洗顔は大切。

メイクも汚れもしっかりと洗顔して、トラブルの原因を取り除きましょう。
 

化粧水でお肌をやわらかくする

まずは化粧水で水分や栄養成分を補給します。
こするとお肌にダメージを与えてしまうことがありますので、軽〜くパッティングしながらつけてくださいね。

乾燥しやすい部分や、足りないな〜と感じたら、重ね付けします。

化粧水はお肌をやわらかくする働きもあるので、そのあと使うクリームや美容液などの浸透力もアップ!
 

乳液やクリームでカバーする

化粧水でお肌がやわらかくなったら、乳液やクリームなどでお肌の水分が逃げないようにフタをします。

この時、なんどもお肌をこするのはNG。
濡れているお肌はデリケートな状態なので、刺激を受けやすくなっています。
そのため、乳液やクリームを『塗り込む』のではなく、『伸ばす』イメージでつけていきましょう。

美容液を使う場合は、乳液やクリームの前につけてくださいね^^

おすすめ記事
セラミド美容液・クリーム|市販おすすめ5選【超高保湿ケアでお肌ふっくら】
 

メイク前に注意したいこと

メイク前に化粧水や乳液、クリームなどでお肌を整えるというのは大切です。
お肌が整っていないと、メイクのノリが悪くなったり、メイク崩れが起きやすくなってしまいます。

そのため、メイクをキレイに仕上げるために、メイク前のスキンケアはしっかりおこなうのが◎

ただし、ベタつきが残るタイプの乳液やクリームはNG。
下地やファンデーションがヨレたり、浮いたりと、メイクがキレイにフィットしづらくなります😥

そのため、メイク前に使う基礎化粧品は、ベタつきが残らないタイプのモノを選んでくださいね☺️

 

まとめ

化粧水は、お肌に足りない水分や栄養分を補うのに必要な存在。

さらに、スキンケアは正しくおこなってこそ意味があります。

そのため、お肌に必要な成分が配合されている化粧水を選んで、正しいスキンケアをおこなって、肌トラブル解消&美肌を目指してくださいね^^

セラミド化粧水おすすめランキング